めがねまん

佐山知範のブログ。いたって普通のことしか書きません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんばんわ

たびたび日記には書いておりますが、最近ファミレスでバイトをしているサヤマです。ごきげんよう。

挨拶。
とても大事ですよね。

おはようございます。
こんにちわ。
こんばんわ。

しかし、ですね。

わたくし、普段は「おはようございます」しか使わないんですよ。

事務所関係では「おはようございます」が当たり前の挨拶だし、
コンビニのバイトも、基本的には挨拶は「おはようございます」です。
知人も芝居関係の人間が多くなってきているものだから、大体おはようございますで通じてしまう。
ゆえに、挨拶で「こんにちわ」「こんばんわ」って使わないんですよ。

でも、ファミレスは、シフトに入ったときの挨拶が「こんばんわ」。

違和感。

常識的な挨拶なのに、違和感。


むずかしいもんですね。仕事に入るときにこんばんわって言うの。
いまだ慣れてなくて、「おはようございます」って言ってしまいます。
妥協策として、「お疲れ様です」って言うようにしています。

ほんと、慣れって怖いですね。
スポンサーサイト

う~、しんど。

どうもこんばんわ。サヤマです。

ファミレスのバイトを始めて、2週間になりましたでしょうか。
週に数回しか入れないので、覚えるのも遅くて大変です。
今日はなぜか僕と先輩一人しかいなかったのですが、そんなときに限って小さなラッシュ。
おいら、パスタなら教えてもらったけど、他はまだやってないよ・・・
っていうかまだ全然研修だってのになんで先輩ひとりやねんって。

料理経験をつめないまま、せっかくの料理の機会をラッシュという悪魔が流していく。
先輩が頑張って多くの料理を作っていくとき、おいらはパスタを茹でて炒めるだけしかしてませんでした。
足手まといでサーセンwww

…はぁ。

せめて受け持ちくらい全部覚えたい。がんばるぞ。

ホントどうでも良いことだけど

あんまり会わなかった人って、一度会うとなぜか連続して会うと思う。


こんにちわ。サヤマです。

本日出かけたら、同期のあんまり会わない奴と会いました。
実は先週にも何回か会っているんですが、その前は2ヶ月くらい顔を見ていなかったのです。

それも二人。

奇妙な縁でございます。


そんなこんなで、二人のうち一人と一緒に茶をしばいて来ました。
チャラけた感じの奴なんですが、根はかなり真面目で、真面目な話をずっとしてました。

やっぱりこういう交流の時間って大事だとおもいましたね。
縁っていうのは、大事にしていきたいものです。

…そのわりに同期の飲み会への出席率0%ですが(^^;;
いや、だって、用事に重なったり、終電があったりするんだもの!(うち一回は完全に俺が忘れていたんですが(死)

きばってまっせ!

ここ数日暖かかったというのに、また冷え込み始めるようです。
すっかり冬ですね。サヤマです。ごきげんよう。

事務所の大先輩が主催している勉強会、きばらん会の公演があったのでいってきました。
同期の仲間が多数出演し、知り合いの先輩も多く、楽しみにしていた公演でした。
先輩や同期の演技ってあんまり見たことがなかったので新鮮でした。

朗読会ということで、衣装を着けたり多少の動きはあれど、基本的には声だけの芝居。
ギャグあり真面目な話有り涙有りの盛りだくさんな内容でした。
ギャグでは最前列で大いに笑っていたので、舞台袖で気づかれていたようです。はずかしい(^^;
真面目な話では、目が離せないくらい話に引き込まれました。
ところどころで笑い声が上がっていたんですが、私は感動して笑いとか出てきませんでした。
すごいなぁ、あの表現力。
すごく、とてもすごく勉強になりました。

そしてくやしい!こいつらこんな舞台に立ちやがって!俺もやりてぇ!w

大ベテランの方の喋りや語りはやはり別格でした。
ほとんどセリフ無いのに笑いをとったり、圧倒的な存在感をあらわしたり。
いつかあのレベルまで達したいものです。良い刺激になりました。

バイト~

みなさん、こんにちわ。サヤマです。

このたび、ワタクシ新しいバイトをすることになりました。おそらく全国チェーンのファミレスです。
そこでキッチンとして入ります。


うん、不安。


この間オリエンテーションっていうんですか?に行ったら、帰りに「はい、宿題」っていろいろ覚えるものを渡されました。
いやいやいや、2日で覚えられるわけ無いから!実際器具とか配置とか材料とか見てないのにわからないから!
と思いつつも、目を通してました。
これでも渡されたものは、覚えなきゃいけないことの全体の四分の一くらいなんだろうなぁ。
なんか先行きが不安になってきました。

まあ、バイトってのは何事も最初はわからずに大変なのは同じですよね。
慣れてくるまでの勝負です。

料理は好きなので楽しみです。がんばるぞ。

声優グランプリ

もともと喋りが得意な方じゃないんですけど、本日ほど悔しく思ったことはありません。
サヤマです。ちっくしょ~!


本日発売の声優グランプリの付録に、「青二プロダクション直筆新人名鑑」というのがあります。

その名のとおり、青二プロダクションのジュニアと神谷さん白石さんの直筆プロフィールが載っている冊子です。

とりあえず読んでみました。




自分の場所はチラ見して飛ばしました。




はずかしい。なんだあのブ男は。字も内容もつまらん。くそう。
本物はもっとブサイクですよ。本物はもっと男前でかっこいいですよ(はあと)


もっと、もっといろんな才能が欲しい…

さてさて、しかしいろんな刺激も受けたものです。
これからさらに頑張っていきます。

食わず嫌い。

いやぁ、ほんとおいらって食わず嫌いが多いなぁ…って思ったしだいであります。
こんちにわ。私です。

古くは漫画、アームズの作者皆川亮二さん、ベルセルクの三浦健太郎さんの作品。
絵がぐろいから見てらんねぇ~とか言っていました。
あの当時、ベルセルク全巻と皆川亮二作品2種類買ってるなんて想像すらしませんでしたよ。

そしてざわざわで局所的に有名な福本作品。
ふとしたきっかけでカイジを読み、アカギを読み、涯を読み、零を読み、銀と金をよみ。有名どころはとりあえず全部かじっていると思います。

お笑いでは、小島よしおを最初は毛嫌いしていました。
しかし、とあるネタを見たときに心底好きになりました。
ダチョウ倶楽部も、「大して面白くねぇ」とか思っていましたが、実際ネタを見れば笑いました。

そんな食わず嫌いの私ですが、また発見しました。

この間の日記にも書いてますが、司馬遼太郎の燃えよ剣。
「司馬とか池波とか、かたっ苦しくて読めたもんじゃねぇよ!」とか読んでもいないのに思っていまして、
燃えよ剣を読み始めたら、もう止まりませんね。

最近は、偏見を持たずに何でも食べていこうという気になりました。
友達から借りた本を読み終わったら、池波正太郎でも読もうと思います。

野球の話。

こないだバッティングピッチャーをやらしてもらったんですが、二日たってから本気で体がだるくなりました。インナーマッスルが筋肉痛ですかね。
こんにちわサヤマです。


巨人が日本一王手!いやぁ、なんとも白熱した戦い!いいですねぇ。
パ・リーグを圧倒的な力で優勝した西武か、(後半失速したらしいですがw)
セ・リーグで奇跡的な大逆転劇を繰り広げた巨人か、
手に汗握る名勝負となってますね。

そんな日本シリーズを、今日偶然テレビで見れました。
普段は外出あるいはチャンネル権が他にわたっているので見れませんw
偶然、見たのが6回裏、2死三塁の場面。
西武の追加点のピンチを、上手くかわして交代。
その次の攻撃に、ラミレスの執念の2ベースヒット。
あれにはびびりましたねw
たしかにベースに直撃するイレギュラーバウントになりましたが、まさかあそこで2塁に走るとはw
ラミレスって足が遅くなかったっけ?w
まさに執念といえましょうか。あのワンシーンを見れただけでもう大満足です。

で、まあその裏の西武の攻撃が終わったところで見るのやめてしまって、お笑いに変えたんですが、
やっぱり最近売り出されてる芸人よりも、ベテランってのは面白いねぇ。
ダチョウ倶楽部を見て、多分他のどの芸人よりも笑いました。「お決まり」って怖い。

本交換

最近とみにエロコメントを残され、消去するの一人苦労な状態です。
こんばんわ。サヤマです。

ところで、本日エロコメントを消すときに良く確認しないで消してしまいましたが、
もしかしてあれ普通のコメントも混ざってたかも?とあとで気になり始めました。
…大丈夫ですよね?もし間違えて消してたら本当にごめんなさい。



さて、本日は、このところずっと話題にしている、最近本にはまりだした友人と会い、
貸している本を返してもらうとともに、お互いの本を貸しあいました。

こちらはハプスブルグの宝剣と、コフィンダンサーと、空の境界と、ハリーポッターを一冊だけ。
向こうからは、のぼうの城とかいう戦国時代のものなどを5冊ほど借りました。
そして、今は親の持っていた司馬遼太郎「燃えよ剣」を読み始めました。

うん、読書月間継続中。ラノベから若干離れそうですが。

久々に開いた本

専門学校時代だったかに買った本を、今読み返しております。
こんにちわサヤマです。


ハプスブルグの宝剣 著:藤本ひとみ

友人に貸す本を探していたときに、ちらりと開いて見たのがきっかけで、すごい勢いで読み進めてしまいました。

ハードカバーで上下巻にわかれたこの本を手に入れたのは、専門学校時代。
地元の古本屋で、名前に惹かれて手に取り、
小さく「上下巻セットで100」と書かれているところを見て、衝動買い。

中世ヨーロッパの、迫害されていたユダヤ人が、ユダヤを捨てオーストリアで立身していく、戦記物です。

これがまた個人的に大ヒット。
三国志を読み始める前。戦記物を初めて読んだのがこれでした。
戦争の話ってこんなに面白いのか、とか、
ヨーロッパのこの時代ってこんな生活だったのか、とか、
いろんな感動がありました。

そして、5年近くの時が経ち、読み返してみました。やはり面白い。
スクウェア三大悪女と呼ばれる某姫を最近見ましたが、
奴なんて目じゃないくらいの悪女が出てきて、違う意味で興奮しました。

やっぱり本っておもしろいなぁ。

今度は新撰組でも読んでみようかな。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。