めがねまん

佐山知範のブログ。いたって普通のことしか書きません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久々に開いた本

専門学校時代だったかに買った本を、今読み返しております。
こんにちわサヤマです。


ハプスブルグの宝剣 著:藤本ひとみ

友人に貸す本を探していたときに、ちらりと開いて見たのがきっかけで、すごい勢いで読み進めてしまいました。

ハードカバーで上下巻にわかれたこの本を手に入れたのは、専門学校時代。
地元の古本屋で、名前に惹かれて手に取り、
小さく「上下巻セットで100」と書かれているところを見て、衝動買い。

中世ヨーロッパの、迫害されていたユダヤ人が、ユダヤを捨てオーストリアで立身していく、戦記物です。

これがまた個人的に大ヒット。
三国志を読み始める前。戦記物を初めて読んだのがこれでした。
戦争の話ってこんなに面白いのか、とか、
ヨーロッパのこの時代ってこんな生活だったのか、とか、
いろんな感動がありました。

そして、5年近くの時が経ち、読み返してみました。やはり面白い。
スクウェア三大悪女と呼ばれる某姫を最近見ましたが、
奴なんて目じゃないくらいの悪女が出てきて、違う意味で興奮しました。

やっぱり本っておもしろいなぁ。

今度は新撰組でも読んでみようかな。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sgs1st.blog76.fc2.com/tb.php/38-a952255d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。